」−12mm朱文丸。

「第1回 協創創作展」展示作品(5/8)。神戸の中華街で見つけた「福」のステッカー。家の玄関にひっくり返して貼るのだそうで。「福が家に入ってきて、留まりますように」という意味があるとか、ないとか。ステッカーよりも印だともっと気軽に捺してもらえるかなー、と思って作りました。
実るほど頭を垂れる稲穂かな」−20mm朱文角。

「第1回 協創創作展」展示作品(6/8)。私の大好きな句。どんな時でも謙虚でありたい、と思いながらもなかなか実行できません。自分の好きな句や、言葉を印にすれば、こんな感じ・・・という見本のつもりで作製しました。稲穂が垂れる様を文字で表現しています。
豊臣”秀”吉(花押)」−15mm朱文角。

「第1回 協創創作展」展示作品(7/8)。豊臣秀吉の花押です。大阪での展示会ということで大阪所縁の豊臣秀吉を選んでみました。戦国武将は自筆文書の終わりに認印のような役割りで花押を用いたようです。
自分の名前の一字もしくは二字を花のようなデザインにして、オリジナルの『マイ花押印』を作ってみては如何でしょう?
動けば変わる」−23mm朱文角。

「第1回 協創創作展」展示作品(8/8)。こちらは本来「てんつくマン作品集」に入れるべきものですが、協創創作展に向けて改めて彫りなおしたものとして、こちらに登録しました。いつもアクティブに動いていたい、動くことによって自分が変わるし、周りも変わる(かも知れない)。この言葉と、この独特の字体からは「自分で道を切り拓いていく」という強い意志を感じています。

前のページ
  オリジナル−作品集(24)
コンテンツのトップ 次のページ
  オリジナル−作品集(26)
遊印工房
めいん
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 作品集(TinyD) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
サイト情報
サイト管理者

SYDE


ろぐいん
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録