千秋」−朱文23mm角。

隷書体での「秋」は・・・難しい漢字ですが、デザイン的には◎。
全体的に左に寄りすぎた感があり、左側が少し窮屈に感じられる。ただ、上の「千」の画数が少なく、下の「秋」が画数が多い為、バランスが取れているようには思います。
誠一」−朱文23mm角。

今はやり?のバジョカ体を用いた。
「千秋」とは逆で、上が画数多く、下が画数が少ない。
このため、下の「一」に関しては最大限に太く、存在感を表した。バジョカ体の太い、細いの表現が上手くできたと思っています。
まほ」−朱分12mm角。

まほちゃんはイラストの大変上手な中学1年生。
お父さんを通じて、デザイン持ち込みで依頼をいただきました。
作品の横っちょに、押していただけるそうな。
まほちゃんの作品を通じて、私の作品も一緒に多くの人の目に触れるということで・・・。ありがたいことです。
Cue's」−朱分15mm丸。

Cue'sさんから、名刺の横などに押しす用にと、ご依頼いただきました。
この時が初めて、「丸印」を作成したワケで。
全くの丸ではなく、楕円形であるため、印床への固定が難しく、大変苦労しました。
デザインではもう少し細いイメージを持ってたのですが、出来上がってみると結構太く、重厚感がありますね・・・。

前のページ
  オリジナル−作品集(11)
コンテンツのトップ 次のページ
  オリジナル−作品集(13)
遊印工房
めいん
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 作品集(TinyD) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
サイト情報
サイト管理者

SYDE


ろぐいん
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録