無心庵」−朱文。22mm丸。

無心庵プロジェクトの丸印。
石材自体あまり彫りやすいものではなく、細かな部分が欠けないように、細心の注意を払って作った。
丸印は初挑戦だったが、なかなか趣のある印に仕上がったと自負している。
無心庵」−朱文。20mm角。

上の丸印と対。
書体は隷書体を採用。今後、無心庵のロゴになる??
無の上部を詰めすぎた。もう少し、余裕を持たせても良かったか?
西口和雄」−朱文。17mm角。

人の名前の角印なので、デザインが固まるまで、本人さんと何度もメールを遣り取りして決めました。
書体は「バジョカ体」と言いますが、なんだか“てんつくマン”風の書体に結構満足 ^^
右側の「西口」に対して、左側の「和雄」の画数の違いのバランスが難しかった。
お喜楽美々」−朱文。20mm角。

「喜」「楽」「美」のイメージを損なわないよう、“てんつくマン”風書体の「バジョカ体」を選んだ。気持ち的にも楽しんで彫れた。

前のページ
  オリジナル−作品集(8)
コンテンツのトップ 次のページ
  オリジナル−作品集(10)
遊印工房
めいん
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 作品集(TinyD) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
サイト情報
サイト管理者

SYDE


ろぐいん
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録