印刀(INTOU)

落款を彫るための刃物。
用途が違うので刃先を痛めるだろうが、彫刻刀でも彫れないこともない。
片刃、両刃、三角刀などがあり、最もよく使われているのが平刀。
有名な篆刻家は幅10mm程度の平刀を器用に使いこなされます。


【私の愛用の印刀】

写真の右から2番目。2mm幅の平刀・両刃です。
髪の毛ほどの間隙を彫る場合には、右端の先がキリ状のニードルを使うこともあり。
彫る場所によって、数種類の印刀を使い分けています。

そろそろ印刀にもこだわって、いい道具が欲しくなってきました・・・


と、いうことで・・・

大阪・堺の芦刃物製作所の芦社長に依頼して、両刃三角刀を作っていただきました
こだわりの逸品です!!



ずしりと重く、胴の部分が湾曲し太くしてあるので、手にしっくりとなじみます。切れ味鋭く、細かい部分での鋭い切り込みが可能です。
芦社長、ありがとうございました!
プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
  道具達−印材
コンテンツのトップ 次のページ
  道具達−印床