1.文字(書体)を決める

通常は文字による“遊印”の製作がほとんどで、デザイン化は、文字のイメージを決めてもらうことから始まります。

下のように、いくつもの書体を提示し、その中から自分の好みの書体を選んでいただき、そのまま使うか、その書体を元にアレンジを加えさらに図案化することもあります。

この「喜」は、”喜代江さん”の”喜”をはんこに、という依頼により、まず書体を12パターン挙げて選んでいただくようにしています。

そして。このような書体を決めたり、デザインを決めたりする間、何回もメールで遣り取りを繰り返すワケです。


デザイン中(喜)

バジョカ体 行書体 隷書体
楷書体 明朝体 オリジナル
篆書体 印相体 古印体教漢
草書体 篆古印教漢 篆書教漢
プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
◆デザインが決まるまで
コンテンツのトップ 次のページ
 2.デザインを決める